仙台でおすすめの脱毛サロンランキング

サービスの質で上を行く『銀座カラー』が1位

銀座カラー

『接客』『技術力』『仕上がりの美しさ』において、高品質を誇るサロン♪それでいて、料金もリーズナブルで学割もアリ!コラーゲンなどの美容成分をたっぷり含んだ『美肌潤美』のミストシャワーでお肌がつるつると人気!

キレイモ

全身33カ所の脱毛とボディラインの引き締めが期待できる『スリムアップ脱毛』が評判!多くのモデルさんが訪れる事でも有名なサロン!ドクターサポートや認定脱毛士による施術で、初めて脱毛する人でも安心できます!

シースリー

再発したムダ毛に対して『生涯メンテナンス保証』をしている有名な人気サロン!ムダ毛の再発で余計な料金がかかる心配がないため、アフターケアを重視する人におススメ!ヒアルロン酸ジェルとキラキラクリームで仕上がりも美しいと評判です!

ラットタット

10年以上の経験を持つプロの脱毛スタッフが多いので技術力が高いと評判!全身脱毛は44カ所が対応可能。鼻下やあご周りも施術可能なので、顔の脱毛を検討している人にもおススメ!コラーゲンたっぷりのジェルを使うので肌もすべすべ!

ラヴォーグ

脱毛後のお肌をしっとり保つ『コラーゲン美肌脱毛』が女性に大人気!全身脱毛は55カ所で、顔もVIOも全部OK!料金が安いのに、サービスの質が高いと口コミで話題の脱毛サロン!美肌脱毛を重視する人におススメです!

 

総合力が高い銀座カラー

銀座カラーは、脱毛関係サイトで必ず名前が挙がる『定番の脱毛サロン』

 

銀座カラーの人気の秘訣は、『全ての項目において高品質を保っている点』です。

 

総合力が高いため、誰が通っても万人受けする脱毛サロンです。

 

脱毛サロンによっては、料金を低くするために、社員の質が悪かったり、施術室が個室ではなかったり、色々な問題があります。

 

銀座カラーの全身脱毛は、他の脱毛サロンに比べて、対象となっている部位が22カ所と少ないのが唯一の欠点ですが、部位脱毛のコースも豊富で、接客・脱毛・仕上がりなどの全ての点において、高い水準を保っていることが、やはり大きな強みになっています。

 

脱毛サロンに初めて通う人は、やはり『不安』を抱えている人が多いです。

 

そういう人にとって、銀座カラーのように、しっかりした接客サービスを行っているサロンからは、『安心感』という魅力があります。

 

「いくら安くても接客が雑なのは嫌」「全身脱毛の部位は多くてもトラブルが多い」など、脱毛サロンとしての『接客の質』に拘る人であれば、銀座カラーは最初に選ぶ脱毛サロンとしておススメです。

 

アフターケアNo.1はシースリー

現在の脱毛サロンにおいて、アフターケアについて、1位の銀座カラーや2位のキレイモでも敵わないのが『シースリー』です。

 

多くのサロンでは、『契約期間後のムダ毛の再生』については、対応してくれません。

 

ところが、シースリーの場合は、『脱毛品質保証書』を発行するので、『契約期間後のムダ毛の再生』も無料で対応してくれます!

 

そのため、ムダ毛の再生が心配な人にとっては、シースリーが一番おススメです!

 

ムダ毛の再生によって、新たに脱毛をしてもらおうとしたら、普通の場合は追加料金がかかってしまいますので、シースリーの『生涯メンテナンス保証』は万が一の場合、非常にお得です!

 

元々の毛質から、ムダ毛の再生が高そうな場合は、契約期間の終了後に備えて、シースリーのようなサロンを選ぶことをおススメします。

 

シースリーの全身脱毛料金は、多少他のサロンよりも高く感じるかもしれませんが、それだけアフターケアがしっかりしているので、契約期間終了後も安心感があります。

 

一時的に料金安くても、ムダ毛の再生によって、数年後にまた脱毛料金がかかるとなれば、シースリーの全身脱毛料金の方が、長い目で見た時にお得になります。

 

個性派サロンがランクイン

最近は個性や特徴がある脱毛サロンが多く、タレントさんやモデルさんからの支持率が高い『キレイモ』、全身脱毛部位が55箇所と多い『ラヴォーグ』、ベテランスタッフが多く技術力に定評がある『ラットタット』なども人気があります!

 

大手の脱毛サロンでなくても、料金がリーズナブルで、特色のあるサロンは多いので、こだわりがある人は、必ずしも大手の脱毛サロンが良いとは限りません。

 

特に1位の銀座カラーは大人の女性が好むような落ち着きがありますが、若い女性にとっては、モデルさんなどが多く通っているキレイモなどの方が通いやすい場合もあります。どのようなサロンの雰囲気を求めるのかは個人差がありますので、口コミなどからサロンの雰囲気をチェックしておくことも大事です!

 

やはり社会人は学生さんが多いサロンには通いにくかったり、その反対で、学生さんには社会人が多いサロンは通いにくい可能性があります。

 

中小規模の脱毛サロンは、大手の知名度には敵わないので、その分、特色のあるサービスで差をつけようとしています。だからこそ、中小規模の脱毛サロンには、大手にはない魅力も多く、根強いファンがいます。

 

規模の大きさに捕らわれずに、純粋にサービスを比較して脱毛サロンを選ぶのも一つの手段です。

 

なぜ『日焼け』が脱毛の大敵なの?

光・レーザー脱毛が黒色に反応する仕組みだから!

脱毛専門店では、よく「日焼けに気を付けてください」と注意をされます。

 

その一番大きな理由は、医療クリニックや脱毛サロンで導入されている光・レーザー脱毛が『黒色』に反応する仕組みだからです。

 

光・レーザー脱毛は、毛根のメラニン色素(黒色)に反応して、脱毛効果を発揮します。

 

そのため、日焼けをしてしまうと、毛根の黒色部分と皮膚の境目が曖昧になってしまい、脱毛器の反応が悪くなってしまう可能性があるのです。

 

脱毛器の反応が悪くなれば、それだけ脱毛効果が落ちてしまうので、日焼けをすることによって、脱毛器の効果を十分に生かせなくなってしまいます。

 

そのため、日焼けは、光・レーザー脱毛器にとって、一番厄介な問題です。

 

夏以外でも、紫外線が強くなる季節は、日焼け止めクリームを塗って、出来るだけ日焼けをしないように気を付けるのが大事になってきます。

 

紫外線がきつくなるのは、4月や5月の春くらい。

 

少し散歩をしたり、洗濯物を干すだけでも、日焼けはしてしまうので、やはり気を付ける必要があります。

 

家にいても微量の紫外線が届いているため、窓側に長時間いると、日焼けをしてしまいますので、屋内にいても安心することはできません。

 

過剰反応など脱毛中の施術に悪影響

また、肌全体が黒く日焼けしてしまうと、脱毛器が過剰反応を示して、今度は肌荒れを起こす可能性があります。

 

脱毛器が肌全体に反応すると、それだけ痛みを強く感じてしまうこともありますので、日焼けが酷い場合には、日焼けがある程度落ちるまで、施術をお休みするのも一つの手段です。

 

日焼けした肌は、非常に敏感になっています。

 

そのため、脱毛器での刺激を過剰に受けてしまうと、余計に痛みを感じてしまう可能性があります。

 

痛みに弱い人にとっては、日焼けは絶対に避けたいものです。

 

夏場などの紫外線が強い時期には、帽子や長袖衣類を使って、上手く日焼けを防止する必要があります。

 

特に最近は、紫外線カット機能のついた衣類が多く出ているので、脱毛サロンに通っている人は、利用してみるのもおススメです。

 

また、夏場は極力、施術を避けるというのも一つの方法です。

 

2,3カ月に1度の施術ですから、紫外線が本番を迎える前の6月か7月の始めくらいに施術をしておけば、日焼けが最も厳しくなる8月を避けることができます

 

施術のスケジュールを組む時に、夏場を避けられるように予約を組むと、日焼けの影響を最低限に抑えることができます。

脱毛って生理の時もできるの?

基本的にはOK!

脱毛サロンでは、基本的には生理の時でも施術は可能です。

 

生理中は肌が敏感になって、痛みを感じやすい人もいます。

 

 

しかし、どうしても施術の日程を変えてしまうと、都合が悪いケースや、キャンセル料金を取られてしまうのが嫌で、生理でも施術を受けてしまいたいと思う人もいます。

 

脱毛サロンでは、お店で生理中の施術を禁止しているケースが少ないので、利用者次第で、生理中も施術を受けることができます

 

生理痛がひどくて、脱毛サロンに通うのも辛いと言う人は、やはり施術を避けたほうが良いですし、生理中でも調子が良ければ、そのまま予定通りに施術をしてもOKです。

 

何よりも、人気の脱毛サロンに通っていると、次の予約を取るのも大変なので、出来るだけ予定通りに施術を行ってしまいたいもの。

 

予約が取れずに、先送りになってしまうと、やはりそれだけ永久脱毛までの全体的な施術の期間が長くかかってしまいますので、出来る時になるべく脱毛をするのが理想です。

 

生理中の体調というのは、個人差が大きく、元気な人もいれば、寝ていないといけないほど体調を崩す人もいますので、無理をしないように気を付ける必要があります。

 

ハイジニーナはNG

ただし、脱毛サロンでも、唯一生理中の施術が禁止されている部位があります。

 

それは『ハイジニーナ』『VIO』脱毛のケースです。

 

そのため、キャンセル料金を取っているサロンでも、ハイジニーナやVIO脱毛の利用者だけは、生理によるキャンセルの場合だけペナルティを課さないようにしている所もあります。

 

生理の日程は、毎月ちゃんと予定通りに来ている人は良いですが、月経不順で、いつ来るのかわからない場合は、やはり当日に生理が来てしまい、キャンセルしないといけないケースもあります。

 

そのため、ハイジニーナやVIO脱毛をする人は、スケジュール通りに施術をしたいのであれば、ピルを飲んで対応するのも一つの方法です。

 

ピルを飲んでしまえば、生理の心配はなくなりますので、当日の急な生理に怯えることはありません。

 

予約の取り直しも、意外に面倒ですので、やはり予定を変えたくない人は、ピルで生理をコントロールするのも良いです。

 

ハイジニーナやVIO脱毛だと、生理が一番の大敵です。

 

特に生理不順の人にとっては、生理によってスケジュールを左右されるため、ピルの使用は有効な解決方法になります。

脱毛前後の飲酒は何故ダメなの?

肌が敏感になり施術効果が落ちる可能性

脱毛サロンでは脱毛前後の飲酒について、注意を呼びかけています。

 

飲酒をした場合、必ずしも施術を止められるとは限りません。

 

 

カウンセリングによって、体調をチェックした上で、泥酔でとても施術が受けられるような状態でなければ、当然ストップがかかります。

 

しかし、お酒の量も少なく、体調も特に悪くないようであれば、飲酒をしても、そのまま施術を受けるケースもあるのです。

 

お店の方針やカウンセリングの状況から判断されるため、必ずしも飲酒をしたからと言って、施術を受けられないわけではありません。

 

ただし、どのサロンでも、飲酒は施術が出来なくなる可能性があると指摘をしていますので、飲まない方が理想的です。

 

飲酒によって、施術に悪影響を及ぼすのは、やはりお酒の効果で血行が良くなり、いつもよりも肌が敏感になっていることです。

 

敏感な肌に脱毛器を当てると、やはりいつもよりも痛みを感じやすく、出力を下げての施術になってしまうと、効率が悪い脱毛になってしまうため、お勧めできません。

 

飲酒の予定を、脱毛サロンの当日に入れないようにすることが非常に大事になってきます。

 

 

体調不良で迷惑をかける場合も!

特に飲酒の場合、脱毛サロンで気分が悪くなって、吐いてしまったりすると、お店に大変な迷惑をかけてしまいます。

 

それこそ、脱毛サロンは長期で通うことになりますので、お店で散々な迷惑をかけてしまうと、その後に通いにくくなってしまいます

 

お店で散々注意をされていたにも関わらず、飲酒でお店に迷惑をかければ、最悪の場合契約解除になるほど、トラブルに発展する可能性もあります。

 

やはり脱毛サロンに通う方も、最低限のマナーは守る必要があります。

 

飲酒が脱毛サロンで禁止されていないとしても、脱毛に悪い影響を及ぼすと説明されている以上、やはり施術前に飲酒をするのは避けるべきです。

 

こうしたちょっとしたマナーを守れないことで、脱毛サロンと揉めてしまい、トラブルから止めてしまう人もいます。

 

飲酒問題は、どこのサロンでも注意事項とされていますので、お酒癖が悪い人は、気を付ける必要があります。

 

お店では他のお客さんもいますので、嘔吐すれば、サロンスタッフだけではなく、周りのお客さんにも迷惑をかけることになると覚えておきましょう。

 

子供も脱毛出来るって本当?

7歳前後からOKなキッズ脱毛

最近は親が子供に脱毛を勧めるケースが多くなってきました。

 

実際に、子供の脱毛は何歳くらいから始められるのかというと、7歳前後が多く感じられます。

 

キッズ脱毛は、親が脱毛サロンでの脱毛を受けていて、自分が良いと思ったから、子供にも同じように脱毛サロンでの施術を受けさせたいという人が多かったり、自分が小さい頃にムダ毛のコンプレックスを感じてたことから、子供のムダ毛の濃さを心配して受けさせたいと言う人もいます。

 

また、水泳などの肌の露出が気になるスポーツをしていたり、ミニスカートなどのファッションに挑戦したい気持ちから、子供本人が年頃で脱毛を希望する場合もあります。

 

ただし、脱毛はあんまり早く開始しても、思春期にムダ毛の再発が起こり、もう一度脱毛をしないといけなくなってしまうこともあります。

 

ホルモンバランスが安定してくる、高校生くらいからが、脱毛時期としては、一番理想的だと指摘する声もあります。

 

小さい頃から、子供を脱毛させるのであれば、思春期でムダ毛が再発した時に、もう一回通わせる覚悟が必要になります

 

いじめ防止の役割も

また、子供の脱毛には、『いじめ防止』という大きな役割もあります。

 

小さい頃のいじめというのは、主に『外見』に関する問題が大きく影響します。

 

 

例えば、肥満の子供は、デブとからかわれやすく、いじめの対象になりやすいです。

 

子供の世界は残酷なので、見た目をからかうケースが多く、ムダ毛の濃さも時にいじめの標的になる可能性があります。

 

特に水泳の時間などは、肌の露出が目立つため、背中のムダ毛が濃かったりすると、それをからかわれたり。

 

子供にとっては、大きなショックとなる事件に発展してしまうこともあります。

 

ムダ毛の濃さをからかわれることによって、水泳嫌いになってしまったり、コンプレックスになりやすいです。

 

子供時代に負った傷は、やはり大人になっても影響しますので、子供が深刻に悩んでいるようであれば、脱毛サロンでの施術を検討してみるのも一つの解決策になります。

 

女の子の場合は、特にムダ毛が濃いと、思春期になってから気にしてしまう子が多いので、深刻な悩みになりかねません。

 

学校に通えないほどの心の傷を抱えてしまう前に、脱毛で気になるムダ毛を処理してしまうのも効果的です。

永久脱毛が完了するまでどのくらいの期間がかかる?

通常は2、3年程度

脱毛サロンで永久脱毛が完了するまでには、通常2、3年かかります。

 

痛みが少ない分、脱毛効果も低いため、数回〜数十回の施術を2、3カ月に1回のペースで行うことが必要です。

 

多くの場合、6回程度経験すると、それなりの脱毛効果が実感できるようになります。

 

脱毛サロンで施術をしても、最初の1、2回はムダ毛の再発をするのが当たり前です。

 

脱毛後、数週間ですぐにムダ毛が再発してしまうので、初心者の人によっては、「本当にこのサロンで大丈夫なのかしら?!」と心配をする人もいますが、問題ありません。

 

どこのサロンでも、最初の1、2回は早くムダ毛が再発してしまうのは一緒です。

 

ムダ毛の再発が気にならなくなってくるのには、やはり5、6回の施術はしないと難しいです。

 

そこそこツルツルの素肌を目指すのであれば8〜12回、完璧なつるつるを目指すのであれば20回程度かかる可能性があります。

 

どのくらいの脱毛効果を目指すのか、体質などによって、その人に必要な脱毛回数は変わってきます。

 

ただし、脱毛サロンでも3年以上かかるようになってくると、脱毛効果の高い医療クリニックに通うのと大して料金が違わなくなってきてしまいますので、脱毛サロンが良いのか、医療クリニックが良いのかは、体質によって違ってきます。

 

体質による個人差がある

ただし、脱毛サロンでも、ムダ毛が薄い人や少ない人の場合は、早い段階で脱毛が完了して、医療クリニックよりもお得に永久脱毛できるメリットもあります。

 

 

 

ムダ毛が多く、再生もしやすいタイプは、脱毛サロンに長々と通って、結局は医療クリニックと同じような金額になるのであれば、最初から医療クリニックに通ってしまったほうが、短時間で脱毛が完了出来てお得です。

 

やはり脱毛は、個人差がありますので、体質などを考えた上で、脱毛サロンにするのか、医療クリニックにするのか、よく考えたほうが良いです。

 

脱毛サロンと医療クリニックでは、脱毛器のパワーが全く違いますので、頑固なムダ毛の脱毛については、医療クリニックの脱毛器の方が、しっかりと結果を残せる可能性が高いです。

 

脱毛サロンも、いくら月額料金が安いとはいっても、3年も4年も通っていれば、40万円〜50万円にもなってしまいます。

 

そのくらいのお金を払えば、医療クリニックでの施術も十分可能です。

 

脱毛サロンに1、2年通ってみて、あまり効果を感じられない場合は、医療クリニックや他のサロンへの変更を検討してみましょう。

「ワキ脱毛でわきがが治った」は嘘!?

脱毛以外の効果は期待しない

ワキ脱毛がわきがの治療になると思っている人がいるようですが、基本的にはワキ脱毛ではわきがの治療にはなりません

 

ワキ脱毛の効果は、脱毛効果だけであり、ワキガを治療するような効果はありません。

 

そもそも、ワキガというのは、わき毛が原因というわけではありません。

 

ワキガの原因は、アポクリン腺から出る汗と指摘されています。

 

アポクリン腺からは、タンパク質や脂質などが含まれた汗が出てきて、皮脂と混ざることによって、ワキガのような嫌なニオイが発生するのです。

 

水と塩を含む汗を出すエクリン腺タンパク質や脂質を含む汗を出すアポクリン腺では、同じ汗腺といっても、全く違うのです。

 

ワキガの原因は、アポクリン腺ですので、ワキガを本当に治療したいと思う場合、アポクリン腺を切除する手術が有効だと言われれています。

 

つまり、ワキ脱毛をしたくらいでは、簡単にワキガを治すことはできないのです。

 

ワキガで悩んでいる人は、やはりどんなに小さな可能性でも良いので、ワキガが治療できる方法にチャレンジしたいと思うでしょうが、ワキ脱毛にはワキガを根治できる医学的な根拠はありませんので、ワキガ目当ての施術はお勧めできません

 

汗を感じやすくなりワキガと思うケースも!?

むしろ、ワキ脱毛をした結果、ワキガになったと感じる人もいます。

 

 

 

ムダ毛がなくなったことによって、汗を感じやすくなり、多汗を気にするあまりに本当に多汗症になり、ワキガへ悪化するケースがあります。

 

これは『精神性多汗』とも言われ、汗臭さを気にするあまりに更に汗が増えてしまう症状のことです。

 

気にしないことが治療で有効になりますが、やはり一度多汗からワキガになってしまうと、「気にしないようにする」というのも難しくなってしまいます。

 

医学的な治療を求めるのであれば、ワキガの原因と言われている汗腺の切除手術という手段もありますが、費用も高く、手術も怖くて、なかなか簡単に受けられるものではありません。

 

また、一時的な治療に効果があると言われているボトックス注射も、根治には至りません。

 

やはり最終的には、自分で多汗を気にしないようにすることが大事です。

 

ワキ脱毛には、ワキ汗によるワキガというトラブルが、脱毛後にちょくちょく報告されているため、現在ワキガで悩んでいる人にとっては、むしろ症状が悪化する可能性もありますので、脱毛前に専門医に相談をしておくことをおススメします。

契約した時と違う部位を施術してもらうことは可能?

部位の『増減』は可能!

脱毛サロンで、契約した時と違う部位を施術してもらうことは、コースやお店の方針によって、変更可能かどうかが変わってきます。

 

 

まず、部分脱毛の場合は、契約以外の部位の脱毛をお願いしたくなった場合は、『追加』で契約で対応してもらうことが可能です。

 

また、施術してもらったものの、やはり実際に脱毛を受けたら気に入らないなどの理由で止めたくなった時も、未消化分の返金などで途中で止めることもできます。

 

ただし、月額料金制度の場合や、契約書の内容によっては、返金をされないケースもありますので、返金があるかどうかは、契約書をよく確認しましょう。

 

例え同じサロンに通っていても、契約内容が違えば、返金対応が変わってしまう可能性がありますので、口コミを参考にするよりも、契約書の内容をチェックする方が間違いありません。

 

契約書の内容は、あまり熟読していないで、契約していない人も多く、万が一の契約内容の変更の時に、返金の有り無しで揉めることになる人は、大体契約の時に契約書を読んでいない人です。

 

契約書というのは、「内容に同意した上で判を押す」ことが大前提なので、後になって「知らなかった」では、通用しません。

 

『変更』は店舗次第

また、全身脱毛コースの場合は、対象部位の範囲内であれば、追加料金など不要で部位の変更はいつでもOKとしている所が多いです。

 

ただし、全身脱毛であっても、対象部位以外の場所を希望すれば、追加の契約が必要になります。

 

全身脱毛コースの場合は、対象としている範囲が多いため、多少の変更であれば、柔軟に対応してもらえることの方が多いです。

 

部分脱毛の方が、変更の場合に契約が複雑に関係してきますので、手続きが難しく、お店によっても判断が違うために、面倒な傾向があります。

 

特にお金の返金については、お店によってもコースによっても、全く違いますので、契約書の内容が基本になります。

 

『返金無し』の文言が含まれているのであれば、諦めるしかありません。

 

それ以上の返金の返還要求は、契約違反になり、裁判で戦っても、契約書の内容を覆す要求はなかなか勝ち目がありません。

 

脱毛サロンで返金関係のトラブルで揉めるのは、やはり契約書をあまりよく読まずに契約してしまった人です。

 

つまり、契約をする時に、返金対応も含めて、判を押さなければいけないのです。

 

契約書の重みというのを、よく考えて判を押す必要があります。

脱毛前の処理はどんな道具を使うの?

シェーバーを利用すべき!

脱毛サロンへ通っていると、脱毛器の施術を受ける前に、自宅で自己処理をしてくることを説明されます。

 

自己処理で使う道具としておススメされているのは、お馴染みの安全カミソリです。

 

誰でも入手しやすく、使いやすいシェーバーは、初心者にとっても安心感があります。

 

万が一、自宅での自己処理を忘れてしまった場合は、有料でシェーバーを購入してその場で剃ったり、サロンスタッフが行う場合もあります。

 

また、自己処理をしている時間も、施術時間にカウントされてしまうため、脱毛をする時間が短くなってしまいます

 

十分に脱毛効果を得るためには、やはり事前に自己処理をしてくることが重要になります。

 

サロンで自己処理をしている時間分を、脱毛時間を延長してくれるわけではないので、時間を無駄にしないためにも、シェーバーでの自己処理を忘れないようにしましょう。

 

そして、脱毛サロンがシェーバーでの自己処理を勧めているのには理由があります。

 

脱毛サロンで使用されている光脱毛は、毛根のメラニン色素に反応して脱毛効果を発揮するため、毛根を残した状態にしないといけないからです。

 

 

毛抜きは絶対にダメ!

そのため、脱毛器の特色上、毛根を残さないで脱毛してしまう『毛抜き』は絶対にNGです。

 

自己処理の時に毛抜きを愛用している人は、ついつい癖で使わないように気を付けましょう。

 

シェーバーは毛根が残ってしまうので、仕上がりがあまり綺麗ではなく、好きではないという人もいますが、脱毛サロンに通っている間だけは、シェーバーを使うようにしましょう、医療クリニックで採用されているレーザー脱毛も、脱毛サロンの光脱毛と同じ仕組みのため、自己処理はシェーバーを勧められます。

 

毛根を抜いてしまう脱毛方法は、脱毛サロンや医療クリニックではあまり好まれませんので、脱毛完了が終了するまでは、シェーバーを使うようにしましょう。

 

また、シェーバーの場合は、肌に直接刃を当てているので、肌が弱い人だと、肌荒れを起こす可能性もあります。

 

あまりにも肌荒れが酷い状態だと、当日のカウンセリングの時に、状態を見て、施術にストップがかかる可能性もありますので、自分に合うシェーバーを見つけるのも非常に大事です!

 

シェーバーはそれぞれ、全く剃り心地が違いますので、価格帯も含めて、自分の好みのシェーバーを探してみましょう。